assist

補助金/助成金

補助金/助成金の獲得

 補助金/助成金とは?

「返済が不要」なお金

補助金・助成金は、国や地方自治体から支給される「返済不要なお金」です。融資の場合は借金となり返済義務が発生しますが、融資とは異なるお得な制度です。

補助金と助成金の違い

助成金は要件が合えば基本的には受給できるものです。一方、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性があります。

補助金/助成金の獲得方法

返済不要な補助金・助成金はメリットの大きい制度ですが、申請が複雑で給付が難しい特徴があります。お客様の行いたい事業と行政上の目的とが合致し、その効果が期待できれば、給付を受けられる可能性が十分にあります。必ず支給されるわけではないので、受給にはノウハウが必要となります。

補助金獲得の流れ

補助金の申請には、管理事務局とのやりとり、書類提出、面接などがあります。まずは、大まかな流れをつかみましょう。

1.情報収集と申請

お客様の事業にマッチし申請が可能な補助金があれば、ご提案いたします。また、気になる補助金があればお気軽いご相談ください。

申請する補助金の『募集要項・申請書』に記入をして、担当事務局に提出します。

2.選定〜事業開始

補助金の申請後、面接などの選定が行われ、選定結果を受け取ります。補助金が交付される事業者に決定したら「交付申請書」を事務局に提出します。補助金の対象に選ばれることを、採択されると表現します。

3.事業のスタート

採択された内容で事業をスタートします。事業の状態については、事務局からチェックを受けることになります。事業計画の変更は基本的に不可で、また、補助金の対象となる経費は、領収書や証拠書類をすべて保管しておく必要があります。

4.補助金の交付

実施した事業の内容やかかった経費を報告します。きちんと実施されたと確認されると補助を受けられる金額が確定し、補助金を受け取ることができます。

5.書類の保管

補助金の対象となる領収書や証拠書類は、補助事業の終了後も5年間は保管しておく必要があります。 この間に一定以上の収益が認められた場合は、補助金の額を上限として国に納付する必要があります。

必要書類と手続き

補助金・助成金の獲得の前後で、具体的に以下のような書類が必要になります。

1.申請時

補助金を希望する事業の内容・費用・実施の効果についてまとめ、申請書として提出。(応募申請書/事業計画書/経費明細書/事業要請書)

2.採択時

申請のあった全事業者に採択か不採択の結果が通知され、次の書類を受け取ります。(選定結果通知書/補助金交付規定/交付申請書)

3.交付時

採択された事業者が、必要な経費等を申請します。補助金が受けられる事業内容や費目と金額の概算が決まります。(交付申請書/経費の相見積もり/交付決定通知書)

4.実施時

途中、事業が問題なく進行しているか、事務局による中間審査(監査)や状況報告などを行う場合があります。(計画変更申請)

5.報告時

補助事業の実績、実施状況、効果の報告が必要となり、報告書を作成する必要があります。また、補助金の対象となる経費の領収書、証拠書類などのエビデンスの用意も必要です。(実績報告書/経費エビデンス)

6.確定時

補助事業が適正に行われたと認められると補助金額が決まります。補助事業者には補助金額確定通知が送られます。(補助金額確定通知書/請求書様式)

7.請求時

請求とは、事業者が補助確定金額を事務局宛てに請求することです。(請求書)

お気軽にお問い合わせください

補助金/助成金の獲得にむけて、みなと東京会計がサポートいたします。

今すぐ無料相談